京象嵌 ステンレスリング 「格子」

伝統×モダンの技

細かな工程を経て作られる、京都の伝統工芸「京象嵌」。
ひとつひとつ、丁寧に作られる匠の繊細な技がアクセサリーに命を吹き込みます。
通常は鉄に象嵌するため漆で焼いて錆びないように仕上げますが、
こちらはステンレス台で水に強いため漆を塗っていません。
そのため黒い象嵌とはまた違った輝きで、趣があります。
格子柄がシンプルながらもシャープなアクセント。
洗練されたデザインが存在感抜群です。
サイズオーダーにてお承りさせていただきますので、下記のサイズ表をご参考に、
備考欄にご希望のサイズをお書き下さいませ。

■ラッピングにつきまして
御品は専用の箱にお入れし、ラッピングをしてお届け致しますので、プレゼントや贈答品としても是非ご利用くださいませ。

こちらの御品は受注生産となりますため、ご予約にてお受けさせて頂きます。
出来上がりまでは約1ヶ月〜2ヶ月となっております。
お届けのお日にち等につきましては追って当サイトよりご連絡させていただきます。

「京象嵌」ができるまで

京象嵌とは、金銀で文様を象(かたど)り、鉄地金に嵌(はめこ)み漆で焼き上げた、京都の伝統工芸品です。「布目象嵌」という独特の技法によって製作される京象嵌は、その優美さから手作り工芸の最高峰とも言われています。繊細な職人の技が必要とされるこの工芸品が、実際にどのようにして作られているのか、その製作工程ををご紹介致します。

  • 布目切り
    鉄地金の表面全体に布目切り鏨(タガネ)を使い、縦横に肉眼では確認できないほどの細かい溝を刻みます。
    溝が浅いと金・銀を打ち込んでもはがれやすくなるため、職人の繊細な技術が必要で、工程の中でこれが最も大切な作業です。
    ******************************************************************************
  • 入嵌
    直径0.15mmから1.0mm位の純金、純銀の線や平金を模様に抜いたものを布目にあてがい、小さな金槌で打ち込んで模様を描いていきます。
    下絵がなく、職人自らのイメージで制作する為、すべてがオリジナルとなります。
    ******************************************************************************
  • 入嵌仕上げ
    イメージ通りの模様を打ち込むと金・銀が、しっかりと布目に嵌まる様、ハンマーで丁寧に打ち込みます。
    鹿の角や鉄のハンマーなどを使いわけ、光沢を出したりします。
    ******************************************************************************
  • 腐蝕、錆出し、錆止め
    入嵌した作品を酸化鉄で腐蝕させます。その後表面にアンモニア水を塗り2日間位ムロの中で錆を出し布目を消してから「上茶」で錆を止めます。
    ******************************************************************************
  • 色つけ(漆焼き)
    網の上に作品をのせ、はけで漆を塗り焼きつけます。表面が真っ黒になるまで3〜4回繰り返します。
    ******************************************************************************
  • 研出し
    漆で真黒くなった表面にヘラを当てて金・銀の模様の所だけを研き出します。
    すべりが良い様に時々ヘラを水でぬらし、キズをつけない様、丁寧に研ぎます。
    ******************************************************************************
  • 仕上げ毛彫り
    金・銀の模様の上を作品のイメージに合わせ、ボリューム感を出す為にタガネを用いて、線を入れたり、細かい溝をつくったりします。
    ツヤを消す為、細かい砂を上から落とし、変化をつける事もします。
    ******************************************************************************
  • 完成
    こうして職人が手間暇掛けて完成させた象嵌は、世界にひとつしかない逸品。是非皆様もその美しさに触れてみてはいかがでしょうか。


  • 京象嵌 ステンレスリング 「格子」

    商品規格

    商品名 京象嵌 ステンレスリング 「格子」
    店舗名 中嶋象嵌
    商品コード ring2
    販売価格 ¥38,500 (税込)
    発送日目安 お取り寄せ(商品入荷後)
    原材料 素材:ステンレス・金(K24)・銀(純銀)
    内容量(入り数) 1個
    サイズ サイズオーダーにてお承りさせていただきます。
    ポイント付与 385pt
    • ラッピング可
    • 受注生産
    • 限定品
    • 一点モノ
    • 常温
    ※ご使用のモニターにより実際のカラーと異なる場合がございます。
    ※こちらの御品は受注生産となります。ご注文をおうけしてからお届けまで約1〜2ヶ月程かかります。
    ※こちらはお客様個々におつくりする特注品となりますので、返品、交換はご容赦ください。
    ※店舗の定休日は、上記店舗名をクリックして表示される店舗紹介ページでご確認ください。
    ※商品パッケージは、リニューアル等により変更される場合があります。更新前にご注文を頂戴した場合、お写真と異なる場合がありますのでご了承ください。
    数量
    カートに追加しました。
    カートへ進む

    この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

    レビューはありません。

    お買い物ガイド

    • ご注文方法

      インターネットのほか、電話・FAXでもご注文を受け付けています。
      ・電話:
      0774-23-3101
      ※受付時間内(平日9:00~17:00)に上記へご連絡下さい。
      ・FAX:
      0774-24-6930
      ※所定の注文用紙に必要事項をご記入の上、送信してください。

      ご注文方法について

    • お支払方法

      お客様にあった決済方法をお選び頂けます。(クレジットカード・代金引換・郵便振替・銀行振込・Payeasy

      使用可能カード・コンビニ決済一覧

      お支払方法について

    • 商品のお届け

      お届けの希望時間帯は(午前中)・(12~14時)・(14~16時)・(16~18時)・(18~20時)・(19~21時)でご指定いただけます。天候や交通事情などによりご希望の時間帯にお届けできない場合もございます。

      お届けの希望時間帯

      商品のお届けについて

    • 商品のキャンセル・返品

      郵便振替・銀行振込・コンビニ決済・Payeasy決済の場合、お振込前でご注文後7日以内であれば、キャンセルが可能です。

      また、破損・不良品などがございましたら、送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付致しますので、当店までご連絡下さい。

      なお、お客様のご都合による返品の場合は、商品到着後7日以内に、事前にお電話でご連絡の後、当社へご返送下さい。

      ※送料・手数料はお客様のご負担となります。また、食品など賞味期限の都合上、返品をお受けできない商品もございます。

      キャンセル・返品について

    営業日カレンダー

    • 商品の配送料金

      全国一律 常温便 ¥500 クール便 ¥800

      ¥5,000(税込)毎に1店舗分の送料無料!
      ※追加料金 北海道(離島除く)¥400 沖縄県・離島 ¥800

      送料について

    • 運営会社

      販売業者:宇治商工会議所 所在地:〒611-0021 京都府宇治市宇治琵琶45-13
      TEL:0774-23-3101(平日9:00~17:00)

      運営会社について

    ページトップへ

    この商品を見た人はこんな商品も見ています。

    その他のオススメ商品

    • 京象嵌 ステンレスリング 「円模様」

      ¥38,500

      台にステンレスを使用した、モダンなリングです。ドーム型とフラット型の二種類からお選びいただけます。

    • 両面イヤリング 市松

      ¥11,000

      京象嵌ならではの上品で、繊細なイヤリング。両面に模様を打ち込んでおり、後ろからも市松模様が見えます。軽い着け心地でお洋服やシーンを問わずお使いいただけます。

    • 球ペンダント 大 「幾何学模様・小花」

      ¥38,500 ~ ¥50,500

      京で1200年の歴史を誇る、手作り工芸の最高峰「京象嵌」。2通りのデザインが楽しめるペンダントに致しました。

    • 水滴ペンダント 銀杏

      ¥4,400

      「総嵌(そうがん)」という、京ならではの技法をもちいた、水のしずくをモチーフにしたペンダントです。