抹茶スイーツや和菓子などのお取り寄せ通販|京都宇治土産.com

電話での注文・問合せ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

法人のお客様へ
ご用途や送り先にあわせて納品いたします。京都宇治土産.comへ、商品のご選定などもお気軽にご相談ください。


京都宇治抹茶 こだわり五ヶ条

京都宇治のご紹介

マスメディア掲載

  1. トップページ
  2. 名店紹介
  3. 中村農園 SEED HOUSE

名店紹介

中村農園 SEED HOUSE - 京都・嵯峨野の光あふれる太陽と、熱意に満ちた六人の家族が育む、恋するように甘い、真っ赤な果実。

中村農園 SEED HOUSE 京のべっぴん甘恋トマト

べっぴん甘恋トマトバラエティBOX

価格:
3,240円(税込)
内容:
トマトジュース(赤)、ラタトゥイユ(青)、トマトスープ、トマトパスタソース(青)、トマトドレッシング、ドライトマト

スープにソース、ドレッシング…、素材が違えば、ここまで変わる。中村農園が丹精込めて育てる、とろけるようなトマトの世界がこの赤いひと箱に。ギフトにも人気の詰め合わせです。

  • 中村農園 SEED HOUSE
    樽栽培・低農薬栽培の「べっぴん甘恋トマト」は高糖度で旨み凝縮。まさに甘い恋のような果実。
  • 中村農園 SEED HOUSE
    お客様からの「美味しかったよ!」のお声を大切に、愛情をもって大切に育てています。
  • 中村農園 SEED HOUSE
    毎朝旨味を沢山含んだ食べ頃トマトのみを厳選し収穫。はじめての方は思わず驚く美味しさ。
  • 中村農園 SEED HOUSE
    べっぴん甘恋トマトを使ったジャムやお菓子は、贈り物にもご好評。
  • 中村農園 SEED HOUSE
    育児を頑張るお母さんやお父さんがリフレッシュいただける場として、キッズカフェ「Seed House」も畑の一角に。
  • 中村農園 SEED HOUSE
    嵯峨野の光あふれる太陽と、各々の役割を担う家族の笑顔と熱意が、甘恋トマトの美味しさの秘訣。

中村農園とは

 桂川に満たされ、愛宕山に見守られる、京都・嵯峨野の地で、中村農園は家族6名がそれぞれに役割と担い、楽しくトマトを中心とした農業を営んでおります。
 露地栽培からスタートし、トマトの味へのこだわりから年々改良を試み、現在は2棟の徹骨ハウスを建設。樽栽培システムで高糖度で旨味のある『べっぴん甘恋トマト』を栽培しています。
 中村農園では、一番美味しいタイミングでトマトを召し上がっていただきたいので、毎朝旨味を沢山含んだ食べ頃トマトのみを収穫しています。 オリジナルのお洒落なトマトカラーのボックスを開けた瞬間のトマトの香り。嵯峨野の光あふれる太陽のように、心も身体も満たされ元気が溢れる果実に、皆様が笑顔になっていただけることを幸せに感じながら、大切にトマトを育てています。  

「べっぴん甘恋トマト」が選ばれる理由

 「べっぴん甘恋トマト」はその名の通り、見た目の美しさ、ジューシーでとろけるような美味しさ、そして一度食べたらまた食べたくなり、心までとりこにする京都育ちのこだわりトマトです。
 中村農園ではトマトを「樽栽培」という方法で作っています。その名の通り、樽の形をした容器に土の代わりになるもの(ヤシの皮を乾燥させチップ状にしたもの)を入れ、そこに苗を植え付けて栽培します。
 トマトは昼夜の温度差がある程度大きく無いと、栄養分が果実に蓄えられず美味しいトマトになりません。樽栽培では、基本的な温度管理をマイコンを搭載した環境制御装置が行え、日々気候や樹の生育状態は変わる、機械では対応できない繊細な微調整を人の目で判断していきます。
 毎日トマトの樹の状態を観察し、換気や潅水等を調整し美味しい実が採れるまで一日も気を緩めずに育むことで、安定して栄養分が蓄えられ、美味しいトマトになってくれるのです。
 また、中村農園のトマトは出来る限り農薬を使わないようにしています。「安心して食べて頂きたい」という想いが第一にあるからです。
 農薬を使用する目的は大きく分けて2つ、「病気を抑える為」「害虫を抑える為」ですが、中村農園では、環境制御装置がハウス内の過湿、過乾燥を抑えて病気の発生を防ぎます。
 また害虫を減らす為に換気口に防虫ネットを設置したり、樽の付近に粘着トラップをぶら下げたりして、侵入した害虫の被害から樹を守るようにしています。
 こうした対策により事前に農薬の使用量を最小限にしてトマトを育てることが出来るのです。

vegetable&cafe Seed House

 畑の一角にある直売所『畑にあるお店』を改装し、2013年5月に『vegetable&cafe Seed House』をオープン。看板商品はもちろん“べっぴん甘恋トマト”。ほかに7種のミニトマト“なないろの種”や新鮮な季節の野菜を直売しています。
 小さなお子さまに採れたての野菜や果物の美味しさを伝えたいという想いから、年に数回、トマトやイチゴ、スイカなどの収穫体験を行っており、カフェも、育児を頑張るお母さんやお父さんがリフレッシュが憩えるキッズカフェとして、週末のみオープンしております。
 シードハウスが様々な可能性が出会い、育つ場となることを心から願っております。

名店概要
店名
中村農園
住所
京都市右京区嵯峨野高田町19
TEL
075-406-7058
FAX
075-406-7068
営業時間
8:00~16:00
定休日
直売所:年中無休
カフェ:金、土、日曜日営業
取扱商品
べっぴん甘恋トマト、べっぴん甘恋トマト加工品各種
メッセージ
京都嵐山に近い、嵯峨野という地は愛宕山に見守られ、桂川に満たされている所です。 この土地で中村農園は家族6名がそれぞれに役割を担い、楽しくトマトを中心とした農業を営んでおります。
トマト栽培を始めたのは平成15年。露地栽培からスタートし、トマトの味へのこだわりから、年々改良を試み、樽栽培システムで高糖度で旨味のあるべっぴん甘恋トマトを栽培しています。
畑の一角にある直売所とカフェの、シードハウスで毎日販売し、地元の小売店、お総菜店、レストランへの卸や出張販売も行っています。
美味しく栄養満点の採れたてトマトが食卓に並べられると心も身体も満たされ元気が溢れてきます。
べっぴん甘恋トマトを配達した時にかけていただける“美味しかったよ!”のお声。これからも、お客様の笑顔とご健康、そして温かいお声をかけていただける幸せを大切に、甘い恋のように美味しいトマトを召し上がってみてください。
  • 他の名店を見る
  • TOPへ戻る
このページのTOPへ