抹茶スイーツや和菓子などのお取り寄せ通販|京都宇治土産.com

電話での注文・問合せ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

特集|左:特集商品(宇治川餅 本格手練り茶だんご)

宇治市源氏物語ミュージアム

京都宇治抹茶 こだわり五ヶ条

特集|京都祇園 京煎堂 花兆抄庵 26個入

特集|左:特集商品(ツアクローネ ここなつまかろん デカ缶)

京都宇治のご紹介

京都駅から宇治まで快速17分

マスメディア掲載

  1. トップページ
  2. 宇治観光案内
  3. 源氏物語 宇治十帖 巻五十三 手習

宇治観光案内

源氏物語 宇治十帖 巻五十三 手習

源氏物語 宇治十帖 巻五十三 手習

「身を投げし 涙の川の 早き瀬を しがらみかけて 誰かとどめし  - 浮舟 - 」
死ぬつもりで宇治の川べりを徘徊し倒れていた浮舟は、横川の僧都に助けられ、妹尼の手厚い看護を受けて回復しますが、心ならずも生き長らえたことを悲しみ、泣き暮らしていました。そして、妹尼の亡き娘の婿に求婚されたことから、剃髪して尼になり、静かに暮らします。こうした事情はやがて、浮舟のことが忘れられず、悲しい思いで沈んでいる薫君の耳に入ります。

源氏物語 宇治十帖 巻五十三 手習

手習の古跡

昭和になって建てられた石碑ですが、手習いの筆の穂先のような形をしています。

巻四十五 橋姫 巻四十六 椎本 巻四十七 総角 巻四十八 早蕨 巻四十九 宿木
巻五十 東屋 巻五十一 浮舟 巻五十二 蜻蛉 巻五十三 手習 巻五十四 夢浮橋
このページのTOPへ