抹茶スイーツや和菓子などのお取り寄せ通販|京都宇治土産.com

電話での注文・問合せ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

特集|京都祇園 京煎堂 花兆抄庵 26個入

宇治市源氏物語ミュージアム

京都宇治抹茶 こだわり五ヶ条

京都宇治のご紹介

京都駅から宇治まで快速17分

マスメディア掲載

  1. トップページ
  2. 宇治観光案内
  3. 源氏物語 宇治十帖 巻五十一 浮舟

宇治観光案内

源氏物語 宇治十帖 巻五十一 浮舟

源氏物語 宇治十帖 巻五十一 浮舟

「たちばなの 小島は色も かはらじを この浮舟ぞ ゆくへ知られぬ  - 浮舟 - 」
匂宮は、浮舟のことが忘れられずその行方を捜します。宇治で薫君にかくまわれていることをつきとめ、闇に乗じて薫君を装い浮舟と強引に契りを結びます。最初は驚いた浮舟ですが、次第に匂宮の情熱に引き込まれていきます。一方、このことを知った薫君は浮舟を見捨てることなく、厳重な警備をして匂宮を近付けなくしてしまいます。穏やかで誠実な薫君と情熱的な匂宮の間で悩み苦しむ浮舟は、ついに死を決意して山荘を出ます。

源氏物語 宇治十帖 巻五十一 浮舟

浮舟の古跡

昔は奈良街道沿いに浮舟社という社があり水上交通の守り神だったようです。その後数度の移転をへて、現在地に置かれました。

巻四十五 橋姫 巻四十六 椎本 巻四十七 総角 巻四十八 早蕨 巻四十九 宿木
巻五十 東屋 巻五十一 浮舟 巻五十二 蜻蛉 巻五十三 手習 巻五十四 夢浮橋
このページのTOPへ