抹茶スイーツや和菓子などのお取り寄せ通販|京都宇治土産.com

電話での注文・問合せ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

宇治市源氏物語ミュージアム

京都宇治抹茶 こだわり五ヶ条

京都宇治のご紹介

京都駅から宇治まで快速17分

マスメディア掲載

  1. トップページ
  2. 宇治観光案内
  3. 源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋

宇治観光案内

源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋

源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋

「さしとむる 葎やしげき 東屋の あまり程ふる 雨そそぎかな  - 薫 - 」
浮舟は、八宮に仕えていた中将君と八宮の間とにできた姫です。求婚者がありましたが、それは浮舟の養父の財産を目的としたものでした。その縁談が破れ、浮舟は中君のもとに身を寄せます。そこで偶然出会った匂宮に言い寄られ、驚いた母は浮舟を三条の小家にうつします。浮舟の消息を聞いた薫君は、浮舟を引き取って宇治に移しますが、浮舟を愛しく思いながらも大君の面影がよみがえり思わず涙するのでした。

源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋

東屋の古跡

東屋観音と呼ばれる石像が東屋の古跡です。鎌倉時代後半のもので、なぜここにあるのか、詳しいことはわかっていません。

巻四十五 橋姫 巻四十六 椎本 巻四十七 総角 巻四十八 早蕨 巻四十九 宿木
巻五十 東屋 巻五十一 浮舟 巻五十二 蜻蛉 巻五十三 手習 巻五十四 夢浮橋
このページのTOPへ