抹茶スイーツや和菓子などのお取り寄せ通販|京都宇治土産.com

電話での注文・問合せ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

特集|茶游堂 濃茶ロールケーキ

宇治市源氏物語ミュージアム

京都宇治抹茶 こだわり五ヶ条

京都宇治のご紹介

京都駅から宇治まで快速17分

マスメディア掲載

  1. トップページ
  2. 宇治観光案内
  3. 源氏物語 宇治十帖 巻四十五 橋姫

宇治観光案内

源氏物語 宇治十帖 巻四十五 橋姫

源氏物語 宇治十帖 巻四十五 橋姫

「橋姫の 心をくみて 高瀬さす 棹のしづくに 袖ぞぬれぬる  - 薫 - 」
自分の出生に不安を覚える薫君は、光源氏の異母弟で仏道に帰依する八宮の宇治の山荘に足繁く通うようになります。八宮が不在の折に、二人の姫君の合奏を垣間見た薫君は、姉大君に心ひかれ、二人は文を交わす間柄になりました。八宮の山荘の女房から、自分が光源氏の本当の子ではないと知らされた薫君は、驚きうちひしがれてしまいます。ある時薫君は宇治での話を匂宮に聞かせ、姫君へのあこがれをいだかせてしまうのでした。

源氏物語 宇治十帖 巻四十五 橋姫

橋姫の古跡

橋姫神社は縁切りの神として有名ですが、本来は瀬織津姫(せおりつひめ)を祀った橋の守り神で、古くは宇治橋三の間に祀られていたといいます。

巻四十五 橋姫 巻四十六 椎本 巻四十七 総角 巻四十八 早蕨 巻四十九 宿木
巻五十 東屋 巻五十一 浮舟 巻五十二 蜻蛉 巻五十三 手習 巻五十四 夢浮橋
このページのTOPへ